気ままに日常で見つけたあれやこれやを記事にしています。

【クラフトビール】日本一早い初日の出が拝める“千葉県・犬吠埼”で、クラフトビールを飲んできた話。〔銚子ビール犬吠醸造所&Taps〕〔犬吠テラステラス〕

【クラフトビール】日本一早い初日の出が拝める“千葉県・犬吠埼”で、クラフトビールを飲んできた話。〔銚子ビール犬吠醸造所&Taps〕〔犬吠テラステラス〕

 こんにちは、リサです!
 2月ですって!まったく早いものです。
 私は新年一か月目はずっと実家にいて、ゆっくり過ごさせてもらいました。
 いっぱい行きたいところはあったんですが、なかなか情勢的に行けず、残念です。
 まあでも!行ってきたところもあるので、それは後々記事にできたらいいなと思います。

 さて、今回はクラフトビールの記事です!
 千葉県にある犬吠埼というところに行ってきました。
 海鮮も食べれる、海からの絶景も見れちゃう、そんな素敵な場所で飲めるクラフトビール!
 とっても楽しかったので、ぜひ読んでってください~!

犬吠埼

 関東最東端の地「犬吠埼」は、三方を海に囲まれた岬です。
 銚子観光のシンボルともされ、断崖絶壁に打ち付ける荒い波が迫力ある景色を見せてくれます!

 昔の東映映画のオープニングにも使われていた場所だとか…!

東映の岩と呼ばれているそう

 どの岩が使われていたのかは、正直わからなかったです。笑

 天気が悪いと、あまり近くまで行けませんが、良いときはそばまで行って写真が撮れました!

著者撮影

 景色を見ながら、私の頭の中はずっとサザンオールスターズの「波乗りジョニー」が無限ループ。笑

 東京からのアクセスは、(東京駅発の場合)
 車 ➡約2時間20分
 電車 ➡約2時間50分

 ちなみに、私は東京駅発の高速バスを利用しました!
 高速バス ➡東京駅発〔09:10発〕…犬吠埼着〔11:48着〕
      ➡約2時間40分

 もし公共交通機関で、行きたい場合は、
 高速バスのほうが犬吠埼に直接向かえるので、楽だと思うのでオススメです!
 

犬吠埼灯台

著者撮影

 犬吠埼といえば「犬吠埼灯台」

 明治7年(1874年)、イギリス人技師ブラントンの設計でつくられた高さ約32メートルのレンガづくりの西洋式灯台です。

 灯台にのぼることができて、上から見る景色はまた格別!!
 でも、高所恐怖症のひとにはちょっと…怖いかも!笑
 (携帯いじる余裕なくて全然写真なかった笑)

 さらに、灯台のそばには、灯台と同じカラーの白いポストが設置されています!

著者撮影

 私は、旅先でポストに出会うと必ず、実家にポストカードを送ることにしているので、今回もメッセージを書いて投函!

 灯台の消印を押して郵送してくれるので、思い出になりますよ~!

著者撮影

犬吠テラステラス

引用:公式HP

 最近は犬吠埼灯台だけじゃないんです!

 犬吠テラステラスは2019年元日にオープンした、千葉県最東端の犬吠埼地域活性化、観光振興、地域の情報発信のための施設です。

 「人が集まり、モノやコトが集まり、笑顔が集まる 陽だまりのテラスのような場所。」をコンセプトとしています!

 引用:公式HP

 館内には、銚子エリアを代表する商品をはじめとした犬吠テラステラスマーケットやイートインスペース、ワークショップなどさまざまな体験ができる複合型施設です。

 2階のハンモックベンチ・展望テラスは、ちょっとした休憩所になっており、大きなガラスの窓からは遠くまで広がる海の景色を望むことができます。

引用:公式HP

 このほかにもついつい撮ってしまうような、写真スポットがたくさんありました!

著者撮影

 そして!!
 ここに今回メインの「銚子ビール」が味わえる醸造所があります!

銚子ビール犬吠醸造所&Taps

引用:公式FB

 ロゴは銚子の初日の出をモチーフにしており、「縁起の良い『始まり』を応援するメッセージ」がこもっているそうです。

 今回わたしは、銚子ビールの飲み比べセットを注文!

著者撮影・作成

詳細はメニューに記載してあるので、私の正直な感想を綴ります!

①銚子エール

・割と色濃い目(見にくくてすいません)で苦そうな第一印象
・でもそんな苦くなかった!クラフトビールにしては飲みやすい一口目!
・香りはそこまでしないかな。

②Black Eye Stout

・色はもう「真っ黒!」香りはコーヒーというより、タバスコみたいな酸味の香りがした。
・一口飲むと「コーヒーだー!」と感動。
酸味強めのコーヒーで、正直あまり好きな味ではないかな…笑
・クラフトビールだからこそだせる味という感じ

③Rosemary Saison

・名前の通り、めちゃいい「ローズマリー」の香り
・味はけっこうスッキリしているけど、後味はしっかり苦みが感じられた
・飲んだ後に、鼻から温泉みたいな香りが抜けてくのが印象的

④A Noble attempt

・ホップの苦みが強め!結構苦いです。
・香りは①と似た感じで、そこまでしなかったかな。
苦いビールが嫌いな人には向いてないかも…

⑤inkhorn IPA

・香りが「ヨーグルト」でびっくりした。ほんとにビール?って感じです
・味は「みかんヨーグルト」です。ほんとです。ヨーグルトと柑橘系の味が混ざったような、甘味があってすごく美味しかった。
・でも、柑橘の皮の苦さが後味にあったので、苦みが全くないわけじゃない
・個人的にはお気に入りのビール

⑥Bites the Hopsl IPA

・すごく白濁してて、グレープフルーツの香りがした
泡のキメが一番細かく、味はフルーティー
・苦みも感じられたけど、⑤よりは強くなくて、飲みやすかった!

①②③⑥は、銚子ビールで、瓶でも販売しています!
ぜひ気になる方は味わってみてはいかが?

まとめ

 今回は銚子にある犬吠埼と、「銚子ビール犬吠醸造所&Taps」に行ってきました!
 醸造所ということで、ここで飲んだ銚子ビールは実際にここで作られています。出来立てのビールを、飲み比べしながら味わえるのは、一つ大きな魅力です!

 ビール目的で行きましたが、全然それ以外にもテラステラスや展望台など犬吠埼で楽しめる施設があったので、ぜひみなさんにも訪れてほしいですね!

 ゆくゆくは、日本一早い初日の出を拝めたらいいな~。

 そういえば、最近ビールについての勉強を始めまして、今年6月には日本ビール検定にも挑戦しようかなと思っています!
 趣味の延長ですが、ひさびさに好きなことを勉強できて楽しいです!
 ビールの記事を書く時にも、より分かりやすく伝えられるようになると思うので期待していてください!!

 読んでくださってありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。