気ままに日常で見つけたあれやこれやを記事にしています。

【クラフトビール】札幌のクラフトビール店「月と太陽」に行ってきたよ!

【クラフトビール】札幌のクラフトビール店「月と太陽」に行ってきたよ!

 札幌帰省、もう2ヶ月も前の出来事になってしまいましたが、とっても美味しいクラフトビールのお店だったので紹介させて頂こうと思います。

 この日は高校時代の部活の友人との食事で、朝から時間があったので友人のバイト先でもある「月と太陽」にお邪魔してきました。
 以前から、この子のinstagramでビールのグラスの写真を拝見していたので、帰った時に絶対行こうと思っていた場所です。

月と太陽 BREWING

 私が訪れたのは本店ではなく、最近できた2号店・月と太陽BREWING miredo店

 いままで、ビール工場を中心にビールを楽しんでいたんですが、とうとうクラフトビールにも興味が出てきました。

 本店にも行きたかったんですが、その日は友人がヘルプでmiredo店に出勤だったためそちらにお邪魔してきました。

 店内はコンパクトな作りで、中心にはカウンターとオープンキッチン。目の前でビールを入れてくれたり、料理を作ってくれたりと、お客さん―スタッフコミュニケーションが多く取られていました。

クラフトビールのお祭りやぁ~

 クラフトビールは、毎日入れ替わりで多くの種類を提供されています。
 本店で仕込んでいる店オリジナルのクラフトビールもあれば、日本各地のゲストビールがラインナップ。本日のビールとして、毎日ホームページで今日のビールはなんなのか見ることができます。

 私が頼んだのは、青鬼ピルスナー〔鬼伝説〕¥610 Abv 5.0%

 とてもすっきりとしたクラフトビールで、くせがあまり強くない飲みやすいビールでした。
 ちなみに、この〔鬼伝説〕というのは、北海道・登別にある地ビールのブランド
 気になって調べてみると、ここのビール工場長さんは元パティシエをやられていた方で
 登別の美味しい水と厳選した麦芽やホップ等の原材料をつかってビールをつくっている。

 なんと!この青鬼ピルスナーは、2008年インターナショナル・ビア・コンペティション(国際ビール大賞)ヨーロピアンピルスナー部門 金賞を受賞しており、鬼伝説を代表するビールの一つ!

 わかる人は限られるんですが、北海道のお土産で有名なあの“わかさいも本舗”の中にある地ビールのブランド!だから工場長が元パティシエなんですね~。

 の・ぼ・り・べ・つと言えば…クマ牧場!
 すいません、ちょっと言いたくなっちゃいました。笑
 登別の温泉がたくさんの人が訪れる観光地であることは知っていましたが、こんなに美味しいクラフトビールがあるとは、大きな発見です。うれしうれし。

 ホームページでは瓶ビールや缶ビールとして販売もしていたので、まだ飲んだことのない鬼伝説のクラフトビールもぜひ味わってみたいかも…。

北海道のぼりべつ地ビール 鬼伝説のホームページはこちらから。

私の友人が入れてくれています!

 ビールのあてとして頼んだのは道産タコの山わさび漬け

 すべてのフードメニューが北海道産の食材を使っており、肉・魚介さまざまな種類がラインナップされていました。
 miredo店はランチタイムから営業していて、メニューの中にはステーキやフォーがあり、フード女ニューが充実しているのも魅力の一つだなと思います!

 月と太陽で使われているグラスは、インスタ映え間違いなし!
 さらに目の前でビールを注いでくれるので、わくわく楽しみながら待つことができます
 お酒はやっぱり、入れるとこから見ているほうがよりおいしく感じますよね

最後に

 今回は北海道・札幌にある“月と太陽BREWING”というクラフトビールのお店をご紹介しました。
 写真映えするグラスに、おいしそうなビールの数々。ストーリーで見つけた瞬間グーグルマップに場所を登録しました笑。
 ビール工場でいれてくれるビールもそりゃめちゃくちゃ美味しいし楽しいんですけど、個性あふれるクラフトビールを飲み比べて、ビールの味を知っていくのも楽しいですね!
 よりお酒の知識があれば、もっといろいろ考え味わいながら楽しむことができるのかなと思うと、そろそろビールの知識でも蓄えようかな…。

月と太陽BREWING
本店:北海道札幌市中央区南3条東1丁目3番地
miredo店: 北海道札幌市中央区北3条西3丁目1-1 1F
公式ホームぺージはこちら

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。