気ままに日常で見つけたあれやこれやを記事にしています。

【梅酒】なかのの酒蔵で梅酒づくり体験してきた!in 和歌山

【梅酒】なかのの酒蔵で梅酒づくり体験してきた!in 和歌山

 ビールももちろん好きですが、梅酒もかなり好きなお酒の一つ。
 梅酒好きなら、知っているであろう“中野BC
 みなさんも、梅酒を飲んだことがあるなら、一度はここの梅酒を飲んだことがあるはずです。
 その梅酒をつくっている、和歌山の“なかのの酒蔵”へ行ってきました!!

 中野BC株式会社について

 ◆歴史

1949年 
「中野醸造工場」として創業。
 甲類焼酎の製造を始め、「富士白」を販売。
 品質にこだわった富士白は、3年で販売数県下最大規模に。
1958年  
 日本酒「長久」を商品化。
1979年  
 梅酒の開発をスタート。
1990年  
梅酒」が、モンドセレクション世界食品品質コンクールにおいて金賞を受賞
2007年  
紀州梅酒 紅南高」が、大阪で行われる天満天神梅酒大会にて初代グランプリに選ばれる。
2011年  
 純米酒「紀伊国屋文左衛門」が、世界最大規模の酒類品評会IWCにて、金賞を受賞。

◆中野BCを代表する梅酒たち

 私の、お気に入り梅酒は…「紀州 完熟みかん梅酒」!
 和歌山の×和歌山のみかん
 梅酒のさっぱりとした味わいも残しつつ、みかんのまろやかさも感じられるこの一品。
 見かけたら、ぜひ飲んでいただきたい~(^▽^)/

引用:中野BC|公式ホームページ

 先程の、みかん梅酒のように、
 中野BCでは、梅酒×○○といった形で、さまざまな果汁をブレンドした、
 カクテル梅酒がとても有名です。1度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 なんと!今年、カクテル梅酒の中の“ゆず梅酒”が、
 フランス・リヨンで行われた、
 リヨン・インターナショナル・コンクール2020にて、金賞を受賞!!
 中野BCの梅酒は、海外でも認められるほどおいしい梅酒なんです。

引用:なかのの酒蔵|公式ブログ

梅酒づくり体験も!“なかのの酒蔵”見学

 なかのの酒蔵は、酒蔵として珍しく、“庭園”がある酒蔵です。
 見学は、その庭園のお散歩からスタートしました。

 庭園には、大きな池。
 そこにはなんと、白鳥
 ただの庭園だと思っていたので、白鳥にすごく驚きました。
 この庭園の白鳥は、なかのの酒蔵のマスコットキャラクターであり、
 庭園で暮らす、3羽それぞれに名前がついていました。

引用:なかのの酒蔵|公式ホームページ

 その後は、実際に梅酒が作られている“梅酒蔵” を見学。

引用:なかのの酒蔵|公式ホームページ

 現在つくられている最中である、梅酒蔵の中をのぞくことができ、
 ビデオによる、酒蔵紹介などで 
 梅酒が作られている現場を間近で感じることができました。

酒蔵見学のメインイベント“梅酒づくり体験”

 酒蔵見学をしたあと、梅酒づくりを体験してきました!
 普段なかなか、手に入ることがない、和歌山産の“南高梅”で自分だけの梅酒づくり

 梅の実、砂糖、お酒はそれぞれ3~4種類用意してあり、
 そこから自分の好みで選んだり、組み合わせのおすすめを蔵の人に聞いたりしながら、
 つくっていきます!
 ちなみに、わたしは梅の実が“つゆあかね”という真っ赤な珍しい南高梅。
 砂糖とお酒は、一般的な氷砂糖とホワイトリカーでつくりました。

撮影日:2020/2/26

 2月末につくり、飲めるのは大体半年後なので、あと2か月!!
 氷砂糖はあっという間に溶けて、
 最近は、液体が真っ赤になり、味がじわじわでているのが、伝わってきます。
 早く飲みたいな~!

撮影日:2020/6/24
袋に描かれているのは、マスコットキャラクターの白鳥!

 実はこの梅酒づくり、
 お酒の飲めない方やお子様にむけた“梅シロップづくり”としても、
 体験することができるので、もし行く機会があれば、体験することをお勧めしますよ~!

 梅酒づくり体験 ¥2,000 
 梅シロップづくり体験 ¥1,500

 どちらも、3日前までの予約が必須です!

 梅酒体験のあとは、中野BCの梅酒を販売しているショップへ!
 売っている梅酒は、すべて試飲可能
 私は、午前中から試飲で飲みすぎて、ふわふわしました笑
 直売店ということで、種類が豊富ですし、あなたのお気に入りの一本が見つかることでしょう!

あとがき ~東京ならどこで楽しめる?~

 中野BCを知ったのは、東京で梅酒飲み放題の店を、よく行ってたのがきっかけ。
 美味しいと思う梅酒は、ほぼほぼ“中野BC”が作っていて、なんぞや!!と思いました。
 いつか、自分の足で行かねばと。
 無事に叶って、とてもうれしかったです。

 ちなみに、その飲み放題をしていたお店は、
 北千住にある「東北うまいもの酒場 プエドバル
 ここなんと、60分1010円で、約100種類の梅酒が飲み放題!破格!(´;ω;`)
 そして、去年の夏、ホテル龍名館東京で期間限定開催されていた、
 期間限定の梅酒BARでは、すべてが“中野BC”の梅酒、34種類が飲み放題!
 しっかりこれにも参加していました。今年も開催されるといいんですがね~。
 素敵なホテルで、梅酒を楽しむことができるなんて、なんと贅沢な…。

 以上!
 今回は、中野BCの梅酒酒蔵見学をご紹介しました!
 梅酒好きな方、梅酒が美味しいと思う方、ぜひ和歌山の中野BCへ、訪れてみてはいかがでしょう?
 もし少し遠いと思うのであれば、ぜひ中野BCの梅酒を見つけて、飲んでみてください!

―なかのの酒蔵(中野BC株式会社本社)―
〒649-0034 和歌山県海南市藤白758-45
TEL:0120-050-609  FAX:0120-017-269
酒蔵見学コースと梅酒漬込み体験コースが選べます!
ご予約は、公式ホームページから!

東北うまいもの酒場 プエドバル―
東京都足立区千住旭町41-14 第一ビル1階
TEL:050-5594-2864
OPEN:17:00~23:00 L.O. 22:00(月曜定休)
公式ホームページはこちらから。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。